ホーム » 投稿 » コラム » 大失敗のゲーム実写化は…? ゲームファンから不評を買った残念な映画5選。リセットボタンを押したくなる迷作をセレクト » Page 5

人物設定やビジュアルがゲームと違いすぎる!?
見どころは無駄に豪華なキャスティング

『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』(1993)

監督:ロッキー・モートン、アナベル・ヤンケル
脚本:エド・ソロモン、パーカー・ベネット、テリー・ランテ
出演:ボブ・ホスキンス、ジョン・レグイザモ、デニス・ホッパー、サマンサ・マシス

【作品内容】

太古の地球に隕石が衝突し、哺乳類の世界と恐竜が生存する別世界とに分かれる。時は経ち、現代のブルックリンにて修道院の前に卵が入った容器が置き去りにされた。その卵から人間の赤ちゃん・デイジーが誕生する。20年の時が流れ、配管工事の仕事をするマリオとルイージ兄弟は、建設現場で恐竜の化石が発見されたことから、恐竜族との戦いに巻き込まれてゆく。

【注目ポイント】

ルイージ役のジョン・レグイザモ【Getty Images】

日本が誇る世界的知名度を誇るゲームの実写化だが、公開されるや各方面から非難を浴び、興行的にも大赤字となった曰くつきの一作。

ゲームに登場するキャラクターを実写化したはずなのに、人物設定やビジュアルに相違点がありすぎて、戸惑う。製作者に、「なぜマリオを原作としたのか?」とツッコミたくなる。

「地下に恐竜の生き残りが作った帝国がある」という世界観。おそらく、ヨッシーをフィーチャーしようとしたのだろうが、その割には出番も少ない。また、その見た目は愛くるしさの欠片もない、ただの恐竜だ。ちなみに、クリボーも、まったく原型を留めていないただのクリーチャーである。

本来、亀であるクッパだが、映画版では「恐竜族のボス」という設定に。そして、ヒロインには、ピーチ姫ではなく、ゲームボーイ用ソフト『スーパーマリオランド』でお馴染みのデイジーをコンバートしている点もまったく必然性が感じられず、首を捻らざるを得ない。

一方、ルイージ役にジョン・レグイザモ、クッパ役にデニス・ホッパーという名優を配しているという点は評価できる。とはいえ、映画としての美点が「無駄に豪華なキャスティング」にしか見出せないというのはいかがなものだろうか。

(文・ZAKKY)

【関連記事】
史上最高のゲーム実写化は…? ゲーマーも太鼓判を押す見事な実写化成功作5選。ゲーム以上の感動とスリルが味わえる作品を選出
史上最高のジャンプ漫画実写化は?『週刊少年ジャンプ』原作の実写映画ベスト5選。コミックを超える感動が味わえる逸品も!?
大失敗のジャンプ映画は…?『週刊少年ジャンプ』原作の実写映画ワースト5選。原作ファン大ブーイングの問題作をセレクト

1 2 3 4 5