ホーム » 投稿 » コラム » 海外映画 » 夏の終わりを描いた最高の映画は…? おすすめの名作洋画5選。儚くも切ない気持ちに浸れる珠玉の作品だけをセレクト » Page 2

元祖キッズアドベンチャー
色褪せることのない冒険のワクワク

『グーニーズ』 (1985)


出典:Amazon

製作国:アメリカ
監督:リチャード・ドナー
脚本:クリス・コロンバス
キャスト:ショーン・アスティン、ジョシュ・ブローリン、ジェフ・コーエン、コリー・フェルドマン、ケリー・グリーン

【作品内容】

海賊伝説が息づく港町で、再開発計画が浮上し、ある家族が立ち退きを迫られる。

そんな家に集まる「グーニーズ」と名乗るやんちゃな少年4人組。彼らは屋根裏で財宝の在り処を示す地図を発見する。

地図を頼りに、仲間と廃墟となったレストランの地下道を探し当て、そこを降りていくと…。

【注目ポイント】

グーニーズ
映画『グーニーズ』【Getty Images】

本作の監督を務めたのは、映画『オーメン』(1976)、映画『スーパーマン』(1978)のリチャード・ドナー。製作総指揮は、映画『ジョーズ』(1975)のスティーブン・スピルバーグが務めた。

映画『グーニーズ』の魅力は、屋根裏で見つかる秘密の宝の地図、ちょっとドジな悪役に、大人たちに隠れて練る作戦会議、恐ろしい罠に、金銀財宝、そして純粋な感情を秘めたロマンスなど、冒険心を輝かせる要素がふんだんに詰まっていることだ。

元祖キッズアドベンチャーと言える作品である。

そんな子供心くすぐる本作の冒険ストーリーは、子供が観ればその冒険に憧れ、大人が観れば、子供の時に持っていた純粋な気持ちを思い出せる、宝箱のような素敵な物語となっている。

作中で描かれる、立ちはだかる数々の困難に、仲間と共に挑むその姿勢は、自分たちがまだ子供であった「あの頃」に戻らせてくれる。

季節が変わるその前に、懐かしい「あの頃」を心の中にもう一度入れてみるのもいいかもしれない。

1 2 3 4 5