ホーム » 投稿 » 日本映画 » 劇場公開作品 » 新進気鋭の映像作家・髙橋栄一最新⻑編映画『ホゾを咬む』ヒロイン役& プロデューサー小沢まゆオフィシャルインタビュー解禁

新進気鋭の映像作家・髙橋栄一最新⻑編映画『ホゾを咬む』ヒロイン役& プロデューサー小沢まゆオフィシャルインタビュー解禁

text by 編集部

国内映画祭で多数入選・受賞している新進気鋭の映像作家・髙橋栄一脚本・監督の最新⻑編映画『ホゾを咬む』が12月2日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開される。この度、本作でヒロインとプロデユーサーを務めた小沢まゆのオフィシャルインタビューが到着した。

モノクロームの世界観が観る者を異世界へと誘う
新感覚の日本映画

(c)2023 second cocoon

「後悔する」という意味のことわざ「臍(ホゾ)を噛む」からタイトルをとった映画『ホゾを咬む』は、本作ヒロインの小沢まゆが主演する短編映画『サッドカラー』がPFFアワード2023に入選するなど、国内映画祭で多数入選・受賞している新進気鋭の映像作家・髙橋栄一脚本・監督の最新⻑編映画。

髙橋監督自身がASD(自閉症スペクトラム症)のグレーゾーンと診断されたことに着想を得て、独自の切り口で「愛すること」を描いた本作。モノクロームの世界観が怪しさと品格を放ち、独特な間合いや台詞が観る者を異世界へと誘う、新感覚の日本映画が誕生した!

主人公・茂木ハジメを演じるのは、主演するコメディアクション『MAD CATS』(2022/津野励木監督) から、『クレマチスの窓辺』(2022/永岡俊幸監督)、『とおいらいめい』(2022/大橋隆行監督)など、幅広い役柄をこなすカメレオン俳優・ミネオショウ。

映画『少女〜an adolescent』(2001/奥田瑛二監督)で国際映画祭で最優秀主演女優賞受賞の経歴を持つ俳優・小沢まゆがプロデューサーとヒロイン役を務め、木村知貴、河屋秀俊ら実力派の面々が脇を固めているほか、『百円の恋』(2014)など武正晴監督作品に数多く参加し、『劇場版アンダードッグ』(2020)で第75回毎日映画コンクール撮影賞を受賞した西村博光が撮影監督を担当した。

本作は、12月2日(土)〜12月8日(金)に新宿K’s cinemaにて連日14:10〜、12月15日(金)〜12月21日(木)に池袋HUMAXシネマズにてレイトショー、12月16日(土)〜12月22日(金)に大阪シネ・ヌーヴォ、12月23日(土)〜12月29日(金)にシネ・ヌーヴォX、来年に横浜 シネマ・ジャック&ベティ、名古屋・シネマスコーレ、神戸・元町映画館ほか全国順次公開される。

【現時点で決まっている新宿K’s cinemaでの舞台挨拶の登壇者】

12月2日(土)ミネオショウ、小沢まゆ、木村知貴、河屋秀俊、福永煌及び髙橋栄一監督
12月3日(日)小沢まゆ、福永煌、ミサ、リサ及び髙橋栄一監督

1 2