ホーム » 投稿 » 5選記事 » 「史上最高級の傑作!」最強の天才詐欺師が集結する映画(5)。豪華ダッグが実現…映画史に残る名作

「史上最高級の傑作!」最強の天才詐欺師が集結する映画(5)。豪華ダッグが実現…映画史に残る名作

text by 編集部
キャッチミーイフユーキャン2002Getty Images

詐欺は日常に潜んでいる。手を替え品を替え心の隙間に入り込もうとしてくるので、油断は禁物だ。しかし映画の中で起こることは全てフィクションなので、脚本に騙され、役者の芝居に裏切られることを楽しんでほしい。「自分は騙されない」と高をくくっていると、足をすくわれてしまう傑作詐欺映画を5本紹介する。今回は第5回。

●スピルバーグ×ディカプリオの豪華タッグがおくるヒューマンサスペンスの傑作

『キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン』(2002)


出典:Amazon

原題:Catch Me If You Can
製作国:アメリカ
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ジェフ・ネイサンソン
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン、マーティン・シーン、ナタリー・バイ

【作品内容】

両親の離婚が原因で家を飛び出した高校生のフランク・W・アバグネイル(レオナルド・ディカプリオ)は、生活のために小切手を偽装した詐欺を働くようになるが、一向に上手くいかない。その後、詐欺師として研鑽を積み、航空会社のパイロットになりすますことに成功して以降は、次々と詐欺を成功させていき、大金を手にする。一方、FBI捜査官のカール・ハンラティ(トム・ハンクス)は、徐々にフランクを追い詰めていき…。

【注目ポイント】

本作は、スティーブン・スピルバーグ監督が、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスの豪華共演で描いた実在の天才詐欺師と彼を追うFBI捜査官が繰り広げる追跡劇だ。

16歳から、信用詐欺、小切手詐欺など数々の詐欺行為を行い、パイロット、医師、連邦刑務局職員など8回の身分詐称を行なった、稀代の犯罪者フランク・アバグネイルの自伝『世界をだました男』が原作である。

ディカプリオが演じるアバグネイルは、21歳になるまでに警察の拘留から2回逃れ、一度は空港誘導路、一度は連邦刑務所から逃げたとされる。21歳で逮捕され刑に服した後、連邦政府に勤務。現在、連邦捜査局アカデミーや、自身でコンサルタントや講師をしている。また、その才能を生かして金融詐欺のコンサルタント会社を経営している。

タイトルの「キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン」とは、「できるもんなら捕まえてみろ」の意味で、鬼ごっこの時の掛け声でもある。

16歳当時のアバグネイルは小切手詐欺を始めるが、なかなかうまくいかない。しかし、年を重ねるに連れ、パイロットや医師、弁護士(実際に弁護士資格を持っていた)に偽装し、世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と呼ばれるまでになる。

そして、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティは懸命の捜査の末、ホテルに宿泊中のアバグネイルを追い詰めるが、逃げられてしまう。なお、ハンラティは実在の人物ではなく、アバグネイルを追い、また更生の手を差し伸べた複数の人物をモデルとしている。

逃亡と追跡を繰り返した末、逮捕されたアバグネイルは罪状の悪さから未成年として扱われず、「禁錮刑12年」を言い渡されて、凶悪犯用刑務所の独居房で過ごすことになる。

4年後、刑務所に面会に来たハンラティに、偽造小切手のアドバイスをしたことをきっかけに、小切手偽造の腕やさまざまな詐欺についての知識を買われ、FBIの協力者として採用される。

釈放されたフランクは刑期が終わるまでの間、自分を逮捕したFBIで働く。一度は逃げ出して、偽造パスポートで海外に逃亡しようとするが、いつしか友情が芽生えたハンラティに「お前は逃げないよ」と言われ、FBIに留まる。

その後、アバグネイルは結婚して3人の子を儲け、“偽造のできない小切手”を作り出すなど、その才能をいかんなく発揮。銀行から年間数百万ドルもの対価を受け取っている。また、国際手配をうけた悪質な偽造犯の逮捕にも貢献し、“銀行詐欺と偽造摘発の権威”と称えられるようになる。

スピルバーグのヒッチコックばりのサスペンス演出が冴える一方、詐欺からの大捕り物、そして、更生の道につながるハートフルなストーリー展開が見どころの作品となっている。

Amazonプライムで観る↓

【関連記事】
最強の天才詐欺師が集結する映画5選(1)
最強の天才詐欺師が集結する映画5選(2)
最強の天才詐欺師が集結する映画5選(全作品紹介)