トラウマ級!? 胸クソ系ホラー映画5選。究極の心的苦痛が味わえる…?【ホラー映画紹介Vtuberミミカ・モーフが選出】

text by 編集部

【Getty Images】

ホラー映画紹介Vtuver・ミミカ・モーフ氏に、配信で観られる映画作品の中から「本当に怖い映画」を厳選してご紹介いただく本企画。
今回は、鑑賞後に心穏やかではいられない、究極の胸クソホラーをセレクト。心的苦痛を強いられるという点で観たくない、いやでも観たい…。そんな5本をご紹介。

(配信状況に関する情報は2022年8月時点のもの)

『エスター』(2009)


出典:amazon

上映時間:123分
製作国:アメリカ
監督:ジャウム・コレット=セラ
脚本:デヴィッド・レスリー・ジョンソン
キャスト:ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン

【作品内容】

3人目の子供を流産した経験を持つ主婦のケイト(ヴェラ・ファーミガ)は、それ以来、塞ぎがちな日々を送っていた。妻の様子を見かねた夫のジョン(ピーター・サースガード)は、孤児院から9歳の少女・エスター(イザベル・ファーマン)を養子として引き受けることに。エスターは年齢に似つかわしくない落ち着いた雰囲気を持ち、すぐに一家に馴染む。しかし、時間が経つにつれ、エスターには他の子供にはない独自の凶暴性を秘めていることがわかり…。

ロシア出身の孤児・エスターがアメリカの中流家庭にもたらす災難を描く、2009年製作のホラー映画。監督を務めたのは、『アンノウン』『フライト・ゲーム』など、アクション映画の佳作を手掛けるスペイン出身のジャウム・コレット=セラ。

ミミカ・モーフ 推薦コメント


こちらは観ていて胸クソ悪くなることで有名な作品。

実態を掴めないエスターという少女の無邪気をよそおった非道な振るまいに、観る者は怒りを通り越して悲しみさえ覚えるだろう。

じわじわと周囲から味方がいなくなる、非常に悪意のある作りである。少女エスターの術中に騙される人々と、彼女の邪悪さを理解した者たちの戦いも見所の一つだ。

両者の攻防に目が離せない、ホラー映画の中でも、観ていて声援が送りたくなる作品となっている。

Amazonプライムで観る(レンタル配信)

NETFLIXで観る(見放題配信)

U-NEXTで観る(見放題配信)

Apple TV で見る

1 2 3 4 5