ホーム » 投稿 » 日本映画 » 劇場公開作品 » 「生きていることの幸せを体感してほしい」映画『こわれること いきること』主演・吉田伶香、独占インタビュー » Page 2

「この後、どうなるんだろう…」
演じることで震災時の記憶がフラッシュバック

女優の吉田伶香
写真:宮城夏子

―――この映画のテーマである東日本大震災が起きた当時、吉田さんは震源地に近い山形県に在住していたわけですね。

「あの時は、小学3年生で、学校にいました。当時はまだ幼かったので、友達と『何か、揺れてる!すごーい!』みたいな、少し楽観的な感覚だったと思います。

でも、そこからクラスメイトたちが保護者に連れられて帰って行って、私は母親と中々連絡がとれず、結局、先生が連絡を取ってくれて、家に帰ったのですが、地震発生時よりも、その後の方が、ジワジワと不安が押し寄せてくる感覚があって、印象に残っています。

寒くても停電の影響で暖も取れなかったですし…。本当に辛い状況に見舞われた方と自分を気軽に比べことはできませんが、暗い中、家族と『この後、どうなるんだろう…』と話したことは覚えています」

―――脚本を最初に読んだ時の感想を、お聞かせください。

「まず、タイトルを見て、“死”に関するストーリーだということは、想像できました。遥は震災で家族を亡くして、幸せな日常を失います。しかし、震災後も自分の人生を歩んでいかなければいけないわけです。自分に置き換えたら…と、すごく考えてしまいました。

私だったら、きっと自暴自棄になるだろうと思います。でも、遥は由美子先生と共に現実と向き合う。脚本を読んで、3.11の東日本大震災を忘れてはいけないと、改めて思わせられました。当時、小学生ながら、死についてぼんやりと考えたことも思い出しました」

―――遥の仕事である“介護”もこの作品のテーマですね。

「介護施設に家族を預ける側は、そこがどんな施設なのか、そこでどのような人間が働いているのか、しっかりと見極めた上で家族のお世話を託すと思うんです。それを考えると、介護士が背負う責任は計り知れないものがあります。

劇中でも描かれているような、入居者同士のトラブルを解決するのも仕事の一つだし、食事の配膳を間違うだけでも大問題となる。私が演じることで、介護士という職業の大変さを少しでも理解していただけたら、役者冥利に尽きますね」

1 2 3