ホーム » 投稿 » 日本映画 » 劇場公開作品 » 倉悠貴×芋生悠の可笑しくピュアなラブストーリー描く映画『こいびとのみつけかた』完成披露試写会イベントオフィシャルレポート

倉悠貴×芋生悠の可笑しくピュアなラブストーリー描く映画『こいびとのみつけかた』完成披露試写会イベントオフィシャルレポート

text by 編集部

世の中に馴染めない、ちょっぴりエキセントリックな2人の可笑しくピュアなラブストーリーを描く映画『こいびとのみつけかた』の完成披露上映イベントが9月19日(火)、都内で開催された。今回は、主演の倉悠貴、ヒロインの芋生悠、共演の成田凌、前田弘二監督が上映前の舞台挨拶に登壇した、本作のイベントレポートを紹介する。

映画『こいびとのみつけかた』完成披露試写会イベント
オフィシャルレポート

「こいびとのみつけかた」
©JOKER FILMS INC

世の中の〈普通〉に馴染めない、おかしな2人のおかしな会話の応酬で繰り広げる『まともじゃないのは君も一緒』の監督・前田弘二×脚本・高田亮コンビの最新作映画『こいびとのみつけかた』。

世の中に馴染めない、ちょっぴりエキセントリックな2人が繰り広げる、〈可笑しくピュア〉なラブストーリーを描く。

主演に『夏、至るころ』(20)、『OUT』(23)と主演作が続く倉悠貴、ヒロインに『ソワレ』(20)、『ひらいて』(21)の芋生悠を迎え、成田凌、宇野祥平、川瀬陽太、奥野瑛太、高田里穂、松井愛莉らが脇を固める。

今回は、9/19(火)に行われた出演者、スタッフによる舞台挨拶付き完成披露試写会イベントのオフィシャルレポートを紹介する。

【イベントレポート】

成田凌が主演を務めた映画『まともじゃないのは君も一緒』に続いて、前田監督と脚本家の高田亮のコンビによる本作。

企画の成り立ちについて、前田監督は「『まともじゃないのは君も一緒』の初号試写を見て、(成田さんと)『もう1回やりたいね』と盛り上がって、ちょっとメロドラマな静かな空気で、変わり者の2人の話ができないか? というところから始まりました」と明かす。

『まともじゃないのは君も一緒』にも出演していた倉悠貴は、本作で主人公のトワを演じたが、前田監督からのオファーについて「前田さんから『どうしても撮りたい映画があるんだ。倉くんにピッタリだと思うんだよね』とおっしゃっていただいて、そんな熱量をいただけると思っていなくて、脚本を読んだら面白くて『ぜひお願いします!』と言いました」と明かした。

倉の事務所の先輩でもある成田は「倉が主演と聞いて、自分もテンションが上がって、勝手に嬉しかったのを覚えています」と明かす。

ヒロインの園子を演じた芋生悠は、故郷の熊本の復興チャリティイベントを通じて前田監督と面識があったことを明かし「(監督の)映画が好きだったし、前田さんも好きだったので嬉しかったです」とふり返る。

倉と芋生は初共演となったが、倉は「ゆるかったですよね、雰囲気が(笑)」と述懐し、芋生も「2人のシーンがひたすら楽しかったです」と笑顔を見せる。

成田も現場の様子について「監督が柔らかい方なので、現場はほっこりするし、しかも主演が倉となると、それは優しい、優しい空間だなと。ほこほこした気持ちでいました。素晴らしい空気感でした。『良いもの見ているな』という感じでした」と同意する。

前田監督は、今回の俳優陣について「理想のキャスティングでした」とニッコリ。「トワと園子の話ですけど、この2人なら間違いないと思ってお願いしたら、想像以上に素敵でした」と倉、芋生が醸し出す空気感、関係性を絶賛する。

劇中、トワと園子がそれぞれ、ピアノの弾き語りを披露するシーンがあるが、実際に倉さん、芋生さんが練習を重ねて本番でも自ら演奏&歌唱し、一発OKが出たという。

芋生は「曲が良いんですよね」と頷き、倉さんは歌詞についても「一見、シュールですけど、芯を食っていて、メッセージ性があります」と語り「グッとくるシーンになっています」と自信をのぞかせていた。

改めて、本作で描かれる、“変わり者”の登場人物たちの人間模様や、メッセージについて、前田監督は「『こいびとのみつけかた』とあるように、恋の話ではあるけど、母性の話でもあるなと思ったし、つらい現実からの逃避の話でもあると思います。世の中、おかしなことばかり起きていて、つらい現実に対してとかいろんなメッセージが詰まってて『いま撮らなきゃダメだな』と思い『どうしても撮りたい』とプロデューサーに頭下げて撮りました」と語る。

成田は「監督も高田さんも、いろんなこと考えるなぁ…というのが率直なところです。こんなことばっかり考えて、生きているんだなと(笑)。(トワと園子は)変わり者の2人かもしれませんが、倉くんはわりと普段から変わっているので(笑)、すごくなじんでたと思います。変わり者を演じようとすると限界があると思うけど、浮かずになじんでいて素晴らしかったと思います」と大絶賛(?)。

ちなみに成田は、自身が間近で見た、倉の変わり者エピソードとして「2人で鉄板焼きを食ったんですよ。(鉄板焼きは)自分のテリトリーがあるじゃないですか? 先輩(成田さん)が一生懸命、もやしとかを作っていたんですけど、しゃべりながら、普通に(倉が)俺のテリトリーから食べ始めて…。これは変わってますよね? 先輩が大切に育てていたもやしを…。これは僕がなめられているのか(笑)?」と明かし、会場は笑いに包まれていた。

最後にこれから映画を観る観客を前に、前田監督は「この映画が、みなさんのガス抜き、厳しい日常の中での筆休みになってくれたら」とアピール。

成田も「つらいことがあっても、毎日は進んでいくわけで、変わっていても、変わってなくても、毎日、同じ時間があるんだなと思います。単純に、いま思っているのは、みなさん、いまからこの映画を観られるのが羨ましいなと。素敵な映画ができましたんで、ぜひ楽しんでください」と呼びかける。

芋生は「夫婦とはこうあるべきとか、友達や恋人はこうあるべきとか、そういう形にとらわれず、生きづらさを感じている人たちが、自由にいろんな形を変えて、人と関わることができたらいいなと思いますし、その当事者を取り巻く周りの人たちの目線がもっと温かくなってくれたら良いなと思っています。そういうことが感じられる映画になっていると思います」と力強く語る。

そして、倉は「僕にとって、この映画は宝物のような映画になりました。自信をもって素敵な作品と言えます! 誰と観ても、どんな年齢、性別の人とでも楽しめる映画です。観終わった後、温かい気持ちで帰れることを望んでいます」と語り、会場は再び温かい拍手に包まれた。

【あらすじ】

コンビニで働く女の人・園子に片想いをしている植木屋のトワは、毎日植木屋で働きながら、彼女がどんな人か想像している。

なんとか話したいと思った彼がついに思いついたのは、木の葉をコンビニの前から自分がいる場所まで並べて、彼女を誘うことだった。

二人は言葉を交わすようになり、周囲にはよく理解できない会話で仲を深めていくのだが、園子にはトワにうまく言い出せないことがあり…。

映画『こいびとのみつけかた』は10月27日(金)より
新宿シネマカリテほか全国ロードショー

監督:前田弘二
脚本:高田亮
音楽:モリコネン
倉悠貴 芋生悠 成田凌 宇野祥平 川瀬陽太 奥野瑛太 高田里穂 松井愛莉
2023年/日本/99分/5.1ch/スタンダード ©JOKER FILMS INC.
制作プロダクション:ジョーカーフィルムズ、ポトフ 企画・製作・配給:ジョーカーフィルムズ
公式サイト

【関連記事】
恋愛映画の超名作…実はバッドエンド? 映画『ローマの休日』考察。オードリー・ヘプバーン演じるアンはどこの王女? 徹底解説
映画史に残る監督VS役者のガチバトルは…? 映画監督と俳優・スタッフの確執エピソード5選。共演者ヒヤヒヤの逸話をセレクト
映画『キングダム』、実写版未登場の将軍キャラをガチで妄想キャスティング。桓騎や王翦、輪虎に相応しい役者は?