ホーム » 投稿 » 日本映画 » 劇場公開作品 » ひろゆき大絶賛! 2023年、世に問うべき大問題作。映画『月』に各界の著名人から絶賛コメントが到着。

ひろゆき大絶賛! 2023年、世に問うべき大問題作。映画『月』に各界の著名人から絶賛コメントが到着。

text by 編集部

辺見庸の小説「月」を原作に、脚本・監督に石井裕也、主演に宮沢りえ、共演にはオダギリジョー、磯村勇斗、二階堂ふみといった布陣で製作した映画『月』。国内外の映画祭上映が続々決定し、10月13日まで開催中の第28回釜山国際映画祭も大盛況となった。いよいよ今週公開を迎える本作について、各界の著名人から絶賛コメントが到着した。

国内外の映画祭上映が続々決定!
各界の著名人からの絶賛コメントが到着。

映画『月』宮沢りえ
(C)2023『月』製作委員会

いよいよ今週公開を迎える映画『月』。第28回釜山国際映画祭(10月13日まで開催中)でジソク部門にも選出されており、サンパウロ国際映画祭(10月7日)、KINOTAYO現代日本映画祭(10月10日)、広島映画祭(10月9日週)など国内外の映画祭での上映も決まっている。

更に、一足先に本作を鑑賞した映画評論家、ジャーナリスト、芸人、タレント、作家など、各界の著名人からコメントが寄せられており、作家であり『相模原事件裁判傍聴記「役に立ちたい」と障害者ヘイトのあいだ』著者の雨宮処凛さんは、「観る者すべてが試され、揺さぶられ、問われる覚悟の一本。」とコメント。

匿名掲示板「2ちゃんねる」開設者であり実業家の西村博之さんは「『人の命は平等』と嘯く人も、自分の手は汚さず、誰かに負担を押し付ける社会。そして、見て見ぬふりをしてるのは貴方も一緒ですよね、、と、観客まで立場を問われる映画。」と感想を述べている。

コメント一覧

雨宮処凛:作家、『相模原事件裁判傍聴記「役に立ちたい」と障害者ヘイトのあいだ』著者

「彼」はおそらく嗅ぎつけていたのだ、私たちの中にある「内なる優生思想」を。観る者すべてが試され、揺さぶられ、問われる覚悟の一本。

岩井志麻子:作家

きれいごとの何が悪い。事実の追求や真実の究明より、きれいごとをいかに事実や真実に近づけられるか、そこに懸命になることが生きることであり、そのきれいごとを信じられるのが人間である。

佐藤幹夫:ジャーナリスト・作家

以前、「辺野古・フクシマ・やまゆり園」というタイトルの原稿を書いたことがある。いずれも戦後の長きに渡って、私たちの社会は、ここにある過酷な現実を「なかったこと」にしてきた。豊かで快適な暮らしを送るためである。

ところがある時期から、その現実が「目をそらすな」と叛乱を起こし始めた。津久井やまゆり園事件という、重度障害者施設やそこで暮らす人々の問題もそうである。私などのようにこの業界で50年も生きてきた者にとっては、今ごろになって「重度障害者が…」などと騒がれると、皮肉の一つも吐きたくなるのだが、ともあれ、まずは本作を観ていただきたいと思う。

賛否はいろいろとあるだろう。自分の中のどろどろしたものが引き出され、顔をそむけたくなり、つい席を蹴って立ち去りたくなるかもしれない。それでも最後までここに描かれた現実と(つまりは皆さん自身と)、向き合っていただきたいと思う。

私がぜひとも注目してほしいと感じたところ。俳優さんたちの「虚実」のあわいで揺れ動く、むしろ苦悶さえ感じさせる表情(これまで、「キレイゴト」をめぐる不安や怖れがこのように演出された例を、私は知らない。この映画は「表情」の劇ではないかとも思えた)。

そして時に映し出される、重篤の障害をもつ当事者の人たち。彼らは自身の「存在そのもの」を訴えるような、まっすぐなまなざしをこちらに向けていた。私は、よくこんな絵が撮れたものだと、しばし感嘆した(じつは彼らこそがこの映画の「陰の主役たち」ではないか。そんなこともまた考えた)。

そしてもう一つ、監督は文字通り死に物狂いになって、ひとかけらでもいいから、どこかに「希望」はないのかと苦闘しているように思えた。本作には、原作にはないいくつかの仕掛けが施されているのだが、二つだけ挙げるならば、一つは冒頭のシーンが示すように東日本大震災とまっすぐにつながっていることである。

もう一つが、カップルを含む「三様の家族劇」としたことである。そこに重要なヒントがあるのではないか。私はひそかにそうにらんでいるのだが、ともあれ「希望の有無」をめぐる答えは、劇場を出た後の皆さんにゆだねられることになる。「月」が照らすのは、じつは皆さんや私の姿でもある。

シトウレイ:ストリートスタイルフォトグラファー/ジャーナリスト

意思疎通が図れない人間は生きる権利があるのか否か。その答えを観る人に投げかける。理性や善意、倫理や好意。自分自身の価値基準が(図らずも)炙り出されてしまう作品。

ダイノジ・大谷:芸人

なんと切実な映画なのだ。人間の猛々しい剥き出しの慟哭が刻まれたような映画だ。いつもそうだ。月はいつも僕たち人間の隠しておきたいことや伏せておきたいことを照らしてきやがる。本当は観たくなかった映画なのかもしれない。

そうか、この映画『月』こそが月そのものなんだろう。僕に突きつけてくる。我々が加害者でないと言い切れるのか、と。 後ろめたい自分を炙り出す。きっとどうしようもなく悲しいけどどうしようもなく優しいものなんだろう、人間というものは。

生きることを諦めてしまわぬように人間を諦めてしまわぬように。観終わって今も祈り続ける。観て本当によかったと思えた映画でした。さぁ僕はどうしようかな。それでも僕はやっぱり言いたいのよ、世界は素晴らしいと人間はきっと優しいものなんだと。希望を捨てるなと月が今日も僕らを照らすよ。

武田砂鉄:ライター

あの表情、つまり、「生産性がないんだから」と開き直った彼の顔に、私たちはどんな言葉をぶつけることができるのだろう。

西村博之:元2ちゃんねる管理人

『人の命は平等』と嘯く人も、自分の手は汚さず、誰かに負担を押し付ける社会。そして、見て見ぬふりをしてるのは貴方も一緒ですよね、、と、観客まで立場を問われる映画。

フィフィ:タレント

私達は障害者の気持ちに寄り添っているようで、見たくないものは見ないし、聞こえない声には耳を傾けない。綺麗事ばかりで嘘つき、この世の中こそが普通じゃない…そう何度も問われて、本心が抉(えぐ)られていく。

北條誠人:ユーロスペース支配人

私がいちばん惹かれたのはこの作品がもっている覚悟です。決して気持ちよく観続けることのできる作品ではなく、否の声も多々でてくるくることと予想されます。

ただ観続けていくことで、役者さん、とりわけ宮沢りえさんの表情や陰影が深い撮影、思い切りのいい編集、セリフの息づかいなどかなりの覚悟で臨まなければこれだけの作品には仕上がらなかったと思います。石井裕也監督の今の気持ちが強烈に伝わってきました。

【ストーリー】
深い森の奥にある重度障害者施設。ここで新しく働くことになった堂島洋子(宮沢りえ)は“書けなくなった”元・有名作家だ。彼女を「師匠」と呼ぶ夫の昌平(オダギリジョー)と、ふたりで慎ましい暮らしを営んでいる。

施設職員の同僚には作家を目指す陽子(二階堂ふみ)や、絵の好きな青年さとくん(磯村勇斗)らがいた。そしてもうひとつの出会いーー洋子と生年月日が一緒の入所者、“きーちゃん”。光の届かない部屋で、ベッドに横たわったまま動かない“きーちゃん”のことを、洋子はどこか他人に思えず親身になっていく。

しかしこの職場は決して楽園ではない。洋子は他の職員による入所者への心ない扱いや暴力を目の当たりにする。そんな世の理不尽に誰よりも憤っているのは、さとくんだ。彼の中で増幅する正義感や使命感が、やがて怒りを伴う形で徐々に頭をもたげていく――。そして、その日はついにやってくる。

【作品情報】
出演:宮沢りえ、磯村勇斗、長井恵里、大塚ヒロタ、笠原秀幸、板谷由夏、モロ師岡、鶴見辰吾、原日出子、高畑淳子、二階堂ふみ、オダギリジョー
監督・脚本:石井裕也
原作:辺見庸『月』(角川文庫刊)
音楽:岩代太郎  企画・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 製作:伊達百合 、竹内力 プロデューサー:長井龍、永井拓郎アソシエイトプロデューサー:堀慎太郎、行実良 撮影:鎌苅洋一 照明:長田達也 録音:高須賀健吾 美術:原田満生 美術プロデューサー:堀明元紀  装飾:石上淳一 衣装:宮本まさ江 ヘアメイク:豊川京子 千葉友子(宮沢りえ) 特殊メイク・スーパーバイザー:江川悦子 編集:早野亮 VFXプロデューサー:赤羽智史 音響効果:柴崎憲治 特機:石塚新 助監督:成瀬朋一 制作担当:高明 キャスティング:田端利江
制作プロダクション:スターサンズ 制作協力:RIKIプロジェクト 配給:スターサンズ
(2023年/日本/144分/カラー/シネスコ/5.1ch)(C)2023『月』製作委員会
公式HP
公式twitter

10/13(金)新宿バルト9、ユーロスペース他全国公開

【関連記事】
映画『Winny ウィニー』は面白い? 東出昌大主演の問題作を徹底解説。忖度なしガチレビュー《あらすじ キャスト 評価》
菅田将暉が絶賛したのは? まさかの場面に隠された重要なヒントとは? 映画『ミステリという勿れ』徹底考察&解説
意外な展開と味わい深いラスト…。映画『波紋』は面白い? 新興宗教にハマった主婦の運命は…? 忖度なしガチレビュー