ホーム » 投稿 » 日本映画 » 配信作品 » 高畑充希&岡田将生が夫婦役初共演! 変わった“夫婦のカタチ”を描くドラマ『1122 いいふうふ』本予告&5種のビジュ解禁

高畑充希&岡田将生が夫婦役初共演! 変わった“夫婦のカタチ”を描くドラマ『1122 いいふうふ』本予告&5種のビジュ解禁

text by 編集部

高畑充希と岡田将生が夫婦役を演じるドラマ『1122 いいふうふ』は、渡辺ペコによる累計販売部数146万部を超える人気コミックを原作に、今泉力哉監督×今泉かおり脚本で贈る、今私たちに必要なラブストーリー。今回は、“公認不倫”の先にある夫婦の現実を垣間見る予告編と、ドラマの世界観を切り取った5種の新ビジュアルを解禁。

“婚外恋愛許可制”!?
高畑充希と岡田将生で見せる新しい夫婦のカタチ

「1122 いいふうふ」
1122 いいふうふ6月14日金Prime Videoにて世界独占配信開始C渡辺ペコ講談社 Cmurmur Co Ltd

「1122 いいふうふ」
1122 いいふうふ6月14日金Prime Videoにて世界独占配信開始C渡辺ペコ講談社 Cmurmur Co Ltd

「1122 いいふうふ」
1122 いいふうふ6月14日金Prime Videoにて世界独占配信開始C渡辺ペコ講談社 Cmurmur Co Ltd

「1122 いいふうふ」
1122 いいふうふ6月14日金Prime Videoにて世界独占配信開始C渡辺ペコ講談社 Cmurmur Co Ltd

「1122 いいふうふ」
1122 いいふうふ6月14日金Prime Videoにて世界独占配信開始C渡辺ペコ講談社 Cmurmur Co Ltd

いい夫婦の様に見られていても、実際の内情はその夫婦にしかわからない。

セックスレスだけど夫婦関係を保つために夫の不倫を公認する方法を選んだ一子(高畑充希)と二也(岡田将生)の夫婦、ワンオペに疲れて夫から心が離れ、二也に癒しを求める美月(西野七瀬)。

ちょっと変わった“夫婦のカタチ”を描いたラブストーリー『1122 いいふうふ』。

この度、一子&二也夫婦、美月&志朗夫婦に加え、一子公認!?の恋人・美月&二也、女性向け風俗店で出会った礼&一子、大学の同級生・五代&一子、という5種のビジュアルが完成。

予告編は「自分でもいうのもあれだけど、私たちはたぶん結構いい夫婦」という一子のセリフから始まる。が、実はその日が「今日は夫が恋人と過ごす夜」という衝撃的な一言で装いは一転する。

さらに本予告編の解禁に伴い、国民的人気を誇る4人組ロックバンドスピッツの「i-O(修理のうた)」が主題歌に起用されたことも解禁。

「i-O(修理のうた)」は、昨年5月にリリースされた17作目の最新アルバム『ひみつスタジオ』に収録されており、今回主題歌に起用した理由を、プロでデューサーである佐藤順子氏は、以下のように語る。

「実生活でもご夫婦である今泉かおりさんと今泉力哉さんと2年かけて脚本を作りながら、いつも頭の中にはスピッツの音楽が流れていました。今泉ご夫妻がスピッツの大ファンであることはもちろんのこと、個人的にも20年近くスピッツを愛聴していて、人それぞれ聴き手によってどのようにでも解釈できるミステリアスな歌詞とノスタルジックなメロディのファンだったからです。ふだん誰もが考えているけど言語化できない夫婦の絆を描いた『1122』にぴったりだと思いました。素晴らしい主題歌とともに、このドラマを皆様にお届けできるのを楽しみにしています」

その言葉通りに楽曲がこのドラマの世界観をより引き立たせている。

【STORY】

妻・ウェブデザイナーの相原一子(高畑充希)。夫・文具メーカー勤務の相原二也(岡田将生)。セックスレスで子供がいなくても、友達のようになんでも話せて仲の良い夫婦。でも本音では、家族でもセックスしたい二也。家族だし、そういう気分になれない一子。

だから一子が二也に提案したのは、「婚外恋愛許可制」。そして二也には妻公認の恋人ができた。だけどなんだろう、このモヤモヤは・・・。

【予告編】

ドラマ『1122 いいふうふ』2024年6月14日(金)
Prime Videoにて世界独占配信!

全7話順次配信!
6/14:1~3話
6/21:4~5話
6/28:6~7話

「1122 いいふうふ」(全7話)
原作/渡辺ペコ「1122」(講談社「モーニング・ツー」所載)
脚本:今泉かおり
監督:今泉力哉
出演:高畑充希 岡田将生 ⻄野七瀬 高良健吾 吉野北人 中田クルミ 宇垣美里 土村芳 菊池亜希子 内田理央 芹澤興人 前原滉 橋本淳 市川実和子 片桐はいり 森尾由美 宮崎美子/成田凌/風吹ジュン
主題歌:『i-O(修理のうた)』スピッツ(Polydor Records)
企画・プロデュース:佐藤順子 製作・著作:murmur 制作プロダクション:Lat-lon
公式HP
公式 X&instagram:@1122_iFUFU

【関連記事】
観客の加害性を浮き彫りにする…鬼才・吉田恵輔が描く“笑い”はなぜ恐ろしいのか? 映画『ミッシング』徹底考察&評価
「石原さとみはかなりぶっ壊れた俳優でした」映画『ミッシング』吉田恵輔監督、単独インタビュー。主演俳優の存在感を語る
「“映画はこうじゃなくてはならない”という枷を外すべき」映画『SINGULA』堤幸彦監督インタビュー。作品への想いを語る