ホーム » 投稿 » 日本映画 » 劇場公開作品 » プライドを捨てたGACKTの演技…その評価は? 映画『翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~』徹底考察。忖度なしガチレビュー

プライドを捨てたGACKTの演技…その評価は? 映画『翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~』徹底考察。忖度なしガチレビュー

text by ZAKKY

映画『翔んで埼玉』の続編『翔んで埼玉 琵琶湖より愛をこめて』が現在公開中だ。関東を飛び出し関西の“地域ディスり”を楽しむことがでる。GACKT、二階堂ふみの他に、片岡愛之助、藤原紀香など関西色が強い配役。今回は、そんな愛すべき作品を徹底レビューする。(文・ZAKKY)【あらすじ キャスト 解説 考察 評価 レビュー】

日本に衝撃を与えた前作から4年
今回は関西へ!?

©2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会
©2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

とある昔の都市伝説。東京都民から迫害を受けていた埼玉県人は自由を求め始めた。そして、麻実麗(GACKT)、壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が率いる「埼玉解放戦線」の努力が実を結び、通行手形制度が撤廃された…。

ここまでが前作『跳んで埼玉』の話である。

しかし、今作では、さらなる自由と平和を求め、なぜか埼玉解放戦線は「日本埼玉化計画」を計画し、関西へと乗り込むのであった。

大ヒットを記録した、前作『跳んで埼玉』(2019)から4年。究極の馬鹿バカしさと、埼玉県をディスりつつも、その県民性の特異さを誇るという、コンプライアンスギリギリを攻めながら多様性を尊ぶ、80年代に伝説と化した漫画原作の実写版が帰ってきた。

物語は前作同様、原作者の魔夜峰央が自ら登場し、「この物語はフィクションです」とことわりを入れてから始まる。

そして、劇中でも、これまた前作同様、ある一家のドライブ中に車内で流れるラジオドラマとして、ストーリー本編が進行。現実パートとフィクションパートが、交互に映し出されるという、二重構造となっている。

ちなみに、今回、現実世界でドライブをしているのは、内田一家。夫/智治(アキラ100%)、妻/直子(和久井映見)、娘であり出産間際の妊婦/若月依希(朝日奈央)というキャスティング。まずは、架空の話であるラジオドラマのパートに焦点を絞ろう。

前作同様「埼玉解放戦線」を指揮する麻実麗、壇ノ浦百美が、中心人物なわけではあるが、そこに「滋賀解放戦線」のリーダーである桔梗魁(杏)が、今作の準主人公的な立ち位置で絶妙に絡んでくる。

まずは、この三人のキャラクターから物語の見どころを紐解いていこう。

1 2 3 4 5 6 7