大泉洋の美声に酔いしれる…。公開中のミュージカル映画『シング・フォー・ミー、ライル』大泉洋登場のミュージックビデオが解禁

text by 編集部

『グレイテスト・ショーマン』『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが贈る、奇跡の歌声をもって生まれたワニのファンタジー・ミュージカル『シング・フォー・ミー、ライル』が公開中だ。今回は、主人公ワニのライル役の吹き替えと歌を担当した大泉洋、本人が登場するミュージックビデオが解禁された。

歌で魅せる究極の芝居に感涙
大泉洋 登場ミュージックビデオ解禁

© 2022 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

『グレイテスト・ショーマン』、『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが贈る、ファンタジー・ミュージカル映画『シング・フォー・ミー、ライル』が全国公開中です。ニューヨークを舞台に歌うワニのライルがその歌で人間と心通わせる様子を、珠玉のミュージカルナンバーと共に描き出す。

言葉を話さず、歌だけで想いを伝える主人公・ワニのライル役に、オリジナル版は世界的シンガーソングライターのショーン・メンデス、日本語吹替版は大泉洋が務め、さらにオスカー俳優ハビエル・バルデムが演じるショーマンのヘクター役に石丸幹二、コンスタンス・ウー演じる少年ジョシュの母親・ミセス・プリム役に水樹奈々と最高の布陣が実現。

この度解禁されたのは、大泉洋が渾身の芝居で歌に思いを込めた、ライルのソロ・バラード曲「Carried Away」(夢のはざまで)の本人出演のミュージックビデオ。互いに孤独を胸に抱いていたワニのライルと少年ジョシュは出会い、歌で心を通わせながらかけがえのない友情をはぐくんでいく。

ライルの、人を大切に想う心とその優しい歌声は、ジョシュだけでなく周囲の人間の心も溶かし、幸せで穏やかな生活が続くと思っていた矢先――、ある事件によりライルとジョシュに別れの時が迫る。動物園に閉じ込められ、離ればなれになったライルが、初めて自分の居場所を感じられたジョシュとの時間、彼への想いを込めた歌になっている。

ワニと少年による種を超えた熱い友情、言葉で通じ合えなくとも互いにとって唯一無二の存在となる二人の関係は観る者の胸にせまり、この歌唱シーンで涙腺決壊、もらい泣きする人が続出!!

SNSでは「感動の映画!歌も素敵で耳から離れない」「全部良い曲だけどこの曲がとても好き」「ライルが歌うたび、涙がじーんと浮かぶ」「とにかくライルが可愛い!切ない!」「ライルが歌えば世界が変わる。幸せな気持ちになった」「ワニでこんなに泣くとは思わなかった」という口コミが寄せられている。

ワニのライルの魅力と音楽の力が詰まったファンタジー・ミュージカル。この春、一匹のワニに思いもよらない感動をもらえるはずだ。

【ミュージックビデオ】

【ストーリー】

ショービジネスの街に生まれた、歌だけで想いを伝えるワニのライル。その歌声が少年を救い、やがて世界中を奇跡で包む――。

ニューヨーク。ショーマンのヘクターは古びたペットショップで、魅惑の歌声を耳にする。歌っていたのはなんと、一匹のワニだった。ヘクターはそのワニのライルを相棒にしようと
するが、ライルのステージ恐怖症が判明し、ショーは大失敗。ヘクターは去り、取り残されたライルはたった一匹、アパートの屋根裏に隠れ住むのだった。ヘクターが残していった音楽プレーヤーを握りしめて…。

長い月日が経ったある日、ひとりの少年と家族がライルの潜む家に越してくる。その少年ジョシュもまた、ライルと同じく心に深い孤独を抱えていた。ジョシュを前に再びゆっくりと歌い始めるライル。やがてふたりは、歌を通して心通じ合わせていく…。

【作品情報】

『シング・フォー・ミー、ライル』 (原題: LYLE, LYLE, CROCODILE)
監督:ウィル・スペック & ジョシュ・ゴードン
脚本:ウィル・デイヴィス
原作:バーナード・ウェーバー「ワニのライルのおはなし」シリーズ(大日本図書)
声の出演(字幕版):ショーン・メンデス(ライル役)、ハビエル・バルデム(『ノーカントリー』アカデミー賞®助演男優賞受賞、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』)、コンスタンス・ウー(『クレイジー・リッチ!』)、ウィンズロウ・フェグリー(『名探偵ティミー』)、スクート・マクネイリー(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、「ナルコス:メキシコ編」シリーズ)、
ブレット・ゲルマン(「ストレンジャー・シングス」シリーズ)
声の出演(日本語吹替版)大泉洋(ライル役)/石丸幹二(ヘクター役)/水樹奈々(ミセス・プリム役)/関智一(ミスター・プリム役)/宮岸泰成(ジョシュ役)
公式サイト
公式Twitter
公式Instagram
公式TikTok

【関連記事】
映画『シング・フォー・ミー、ライル』は面白い? 大泉洋の歌声に注目。忖度なしガチレビュー《あらすじ 考察 解説 評価》
「意味不明?つまらない?」映画『エブエブ』の評価は? アカデミー賞受賞作を解説。忖度なしガチレビュー【あらすじ 考察】
最高のラストシーンとは? 映画『フェイブルマンズ』を忖度なしガチレビュー 《あらすじ 考察 解説 評価》