ホーム » 投稿 » 海外映画 » 劇場公開作品 » ウクライナ・キーウ在住の監督が製作。映画『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(うた)』予告編& 場面写真解禁!

ウクライナ・キーウ在住の監督が製作。映画『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(うた)』予告編& 場面写真解禁!

text by 編集部

ドキュメンタリーを主戦場に活動してきたウクライナ・キーウ在住のオレシア・モルグレッツ=イサイェンコ監督が製作した映画『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(うた)』が7月7日に公開される。同じ屋根の下で暮らす3家族が戦争に翻弄されながらも、ひたむきに生きる姿を描いた本作。この度、予告編と場面写真が解禁された。

戦争に翻弄され、傷つき続けてきたウクライナの人々。
平和への祈りを「キャロル・オブ・ザ・ベル」の歌に込めて…。

(C)MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

舞台は1939年1月、ウクライナのイバノフランコフスク(当時はポーランド領スタニスワヴフ)。偶然、同じ屋根の下で暮らすことになった、ウクライナ、ユダヤ、ポーランドの3家族だったが、まもなく第2次大戦が開戦。さまざまな運命が重なり、家族から引き離されてしまったポーランド、ユダヤ人の娘たち、そして、ナチス・ドイツの子どもさえも「この子に罪はない」と、一人残されたウクライナ人の母は、自分の子どもたちと同じよう懸命に戦火から守り抜く…。

ウクライナの⺠謡をもとに生まれた有名な楽曲「キャロル・オブ・ザベル」の歌に支えられ、ひたむきに生き続ける戦時下の家族の姿を描き出した『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(うた)』として7月7日(金)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほかにて全国公開が決定!

1939年1月、ポーランドのスタニスワヴフ(現ウクライナ、イバノフランコフスク)。ユダヤ人が住む母屋に、ウクライナ人とポーランド人の家族が店子として共に暮らす様子を捉えたシーンから映像は始まる。

⺠族は違っても、音楽家の両親の影響を受け、歌が得意なウクライナ人の娘ヤロスラワが歌う、ウクライナの⺠謡「シェドリック」=「キャロル・オブ・ザ・ベル」を通し、交流を深める3家族だったが、間も無く第2次大戦が開戦。スタニスワヴフは、ナチス・ドイツによる侵攻とソ連によって占領され、ポーランド人とユダヤ人の両親たちも迫害によって連行、娘たちだけがスタニスワヴフの家に残されることになってしまう。

そんな中、ウクライナ人の母であり歌の先生でもあるソフィアは、残されたユダヤ人の娘ディナ、ポーランド人の娘テレサの3人の娘たちを自分の娘と分け隔てなく、守り通して生き抜くことを誓うがー。

「みんなにいいことが起きる歌だから」
少女の美しい歌声と、願いが胸を打つ

(C)MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

ソ連が撤退した後は、ナチスドイツに占領される過酷な運命を辿るスタニスワヴフ。だが「大きな舞台で“鐘のキャロル”を歌うの。みんなにいいことが起きる歌だから」と、歌うことで皆に幸せが訪れると信じ、歌い続けることを願う少女の姿、そして美しい歌声も観る人の胸を打つ予告編となっている。

解禁されるシーン写真は4点。3家族が⺠族を超えて一つの食卓を囲む姿のほか、「キャロル・オブ・ザ・ベル」を歌い、皆に幸せを届けようとするウクライナ人の少女・ヤロスラワ、迫害を受けた両親から残された娘たちを守り抜くため、兵士からの尋問から逃れ、そして寄り添うウクライナ人の母ソフィアの姿を切り取ったものだ。

(C)MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

2022年2月24日、ロシアによるウクライナへの侵攻が始まった。ウクライナは抵抗を続け、この戦争は現在も世界中に多大な影響を与え続けているが、本作をこの侵攻が始まることを予感していたかのように2021年に作り上げたのは、これまではドキュメンタリーを主戦場としてきたオレシア・モルグレッツ=イサイェンコ監督。

現在もキーウに住み、子を持つ母親でもある監督だが、「この映画は、ロシアによるウクライナの本格的な侵攻の前に制作されましたが、その時点でさえ私たちが住む国は戦争中の状況でした。老いも若きも、ウクライナに生きる人々の中に戦争や悲劇的な出来事を経験せずに生き延びている人は一人もいませんので、この映画に取り組むことは私にとって非常に重要でした」と言う。

そして「今、この映画はさらに現代との関連性が高まっています。映画で描かれたように、実際の戦争において、女性や子供は常に戦争の人質です。妊娠中だった私の姉と姪は、占領地の地下室に28日間過ごすことを余儀なくされました。なので、私は私たちの映画が記憶から消し去られてはいけない過去を反映したものであり、そして未来はウクライナ人と世界にとってより良きものになるはずだと考えています」とその想いを語り、加えて「この映画はあらゆる国家における“文化と伝統”が人間性においてもっとも偉大な宝物であることを提示します。登場人物たちは、作中殆どの時間を外界から隔絶されていますが“音楽”が彼女らをその悲しみから守っているのです」と述べる。

【予告編】

【キャロル・オブ・ザ・ベルとは?】

クリスマスキャロルとして有名な「キャロル・オブ・ザ・ベル」は、ウクライナで古くから歌い継がれている⺠謡「シェドリック」に1916年“ウクライナのバッハ”との異名を持つ作曲家マイコラ・レオントーヴィッチュが編曲し、英語の歌詞をつけたものである。

映画『ホーム・アローン』(90)内で歌われ、世界中に知られるようになった。この歌は「ウクライナ語、ウクライナ文化が存在している」という明確な証として今も歌い継がれている。

【作品情報】

出演:ヤナ・コロリョーヴァ、アンドリー・モストレーンコ、ヨアンナ・オポズダ、ポリナ・グロモヴァ、フルィスティーナ・オレヒヴナ・ウシーツカ
監督:オレシア・モルグレッツ=イサイェンコ
脚本:クセニア・ザスタフスカ 撮影:エフゲニー・キレイ 音楽:ホセイン・ミルザゴリ
プロデューサー:アーテム・コリウバイエフ、タラス・ボサック、マクシム・レスチャンカ
2021/ウクライナ・ポーランド/ウクライナ語/ビスタ/122 分/ 英題:Carol of the Bells
配給: 彩プロ 後援:ウクライナ大使館 映倫 G
(C)MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

7月7日(金) 新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国公開

【関連記事】
「吐き気がする…」閲覧注意のリアルな戦争映画5選。戦場の恐ろしさを体感させてくれる歴史に残る名作をセレクト
「悲惨すぎる…」上映禁止・お蔵入りになった日本映画5選。闇が深い…。完成したのに公開されなかったヤバすぎる理由とは?
合計10億円超え…! 莫大な金に化けた映画の小道具5選。史上最も高値が付いた映画美術は? 国宝級のアイテムをセレクト