ホーム » 投稿 » 海外映画 » 劇場公開作品 » 映画『カンフー・パ ンダ4』の内容は…? 待望の続編がついに始動。ポーが安息の地「平和の谷」を離れる!?

映画『カンフー・パ ンダ4』の内容は…? 待望の続編がついに始動。ポーが安息の地「平和の谷」を離れる!?

text by 編集部

映画『カンフー・パンダ』は2008年に公開されると、アメリカとカナダで2億1540万ドル、世界で6億3170万ドルの興行収入を記録した大作映画。1作目は特に高く評価され、オスカーの最優秀アニメーション作品にノミネートされた人気作品だ。今回は、待望の続編についての情報を現地のメディア参考に紹介する。

『カンフー・パンダ』ポーが大都会へ!?

現地時間4月24日から27日にかけて米ラスベガスで行われている、劇場経営者やメディア向けのコンベンション「CinemaCon 2023」。米colliderによると、そこで米アニメーションスタジオの番組製作会社ドリームワークス・アニメーションのキャスト陣達が、新作映画『カンフー・パンダ4』の内容がどのようになるのかを語ったようだ。

ドリームワークスの作品で、4作目の長編映画が製作されることは至って稀なことで、スピンオフ作品などを除くと、長編映画が4作目以上製作されたシリーズは映画『シュレック』のみとなっている。

また前作の3作目である映画『カンフー・パンダ3』(2016)では、ジャック・ブラック、ブライアン・クランストン、ダスティン・ホフマン、アンジェリーナ・ジョリー、J・K・シモンズ、セス・ローゲン、ルーシー・リュー、ケイト・ハドソン、ジャッキー・チェンという豪華スターがボイスキャストで参加し話題となった。主人公ポーの声優は、俳優ジャック・ブラック。日本ではTOKIOとして活躍していた山口達也であった。

4作目である映画『カンフー・パンダ4』では、この作品を新鮮なものにするため、新しい要素を追加しながら、ポーの物語を継続するとのこと。本作では主人公ポーが、山の奥深くにある安息の地「平和の谷」を離れ、大都会に向かうが、そこでは予想外の新しいカメレオンと呼ばれる悪役がポーのことを待ち受けているようだ。

2016年にフランチャイズの3作目が公開された後、ドリームワークスは再び大スクリーンで続編作品を公開できるかわからず、映画『トロールズ』(2016)などの新しいフランチャイズ作品に注力するようになった。そのため、『カンフー・パンダ: 龍の戦士たち』として長年に渡り、子供向けのストリーミング番組をいくつかリリースしてきた。

映画『カンフー・パンダ4』は、2024年3月8日に全米公開され、日本公開は未だ未定となっている。

【関連記事】
大爆死! 大赤字のアニメ映画…歴史に残る失敗作5選。ジブリもディズニーもやらかしていた! 大コケの理由を深掘り考察
「ゲンナリする…」映画『東京リベンジャーズ2』はひどい?面白い? 忖度なしガチレビュー【あらすじ キャスト 解説 評価】
庵野秀明はなぜキレた…? 『シン・仮面ライダー』深掘りレビュー。賛否両論のドキュメンタリーから紐解く問題点とは?