ホーム » 投稿 » ドラマ » 永山瑛太が持っているものはまさかの…? 名作パロディが盛り沢山!ドラマ『時をかけるな、恋人たち』第8話考察&感想レビュー

永山瑛太が持っているものはまさかの…? 名作パロディが盛り沢山!ドラマ『時をかけるな、恋人たち』第8話考察&感想レビュー

11月28日放送のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『時をかけるな、恋人たち』第8話は、廻と翔が初めて出会った、大学生時代の2013年にタイムトラベル。ここへきて、まさかの激エモ胸キュン展開に突入! そして映画『サマータイムマシン・ブルース』のアレも登場する神回に…。(文・野原まりこ)【あらすじ キャスト 解説 考察 評価】

始まって以来過去イチの胸キュン回
廻と翔のピュアな恋にときめきがとまらない

Ⓒカンテレ
Ⓒカンテレ

前回、自分たちがタイムトラベルすることはすでに歴史に組み込まれていることを証明するために、自分の小学生時代にタイムトラベルした廻(吉岡里帆)と翔(永山瑛太)。

リリリー(夏子)の邪魔?が入ったものの、なんとか辻褄を合わせることに成功した。

廻と翔の恋に反対していた天野(伊藤万理華)も、2人の恋をサポートしてくれることに。しかし現段階で過去人と未来人が一緒にいることはできない…。

そこで天野が提案したのは、今後タイムトラベルの研究が進み、航時法が変わるまで猶予を稼げば、過去人と未来人が一緒になれるかもしれないというものだった。そのためには、廻と翔の任期を伸ばすことが不可欠であることから、2人は時間犯罪者を捕まえて昇進することを狙う。

翔は廻と過ごした大学時代、キャンパスに潜伏していたと思われる時間犯罪者のことを思い出す。2人はさっそく2013年に向かい、構内で怪しい人物がいないか探していると、そこへ突然、2023年からタイムボードに乗った広瀬(西垣匠)がやってくる。

広瀬は廻と追いかけてきたといい、「未来人との恋なんてファンタジーです。正気に戻ってください」と訴える。翔は予期せぬライバルの登場に苛立ち、廻を争って2人は言い争いになるが、2013年にはなかった令和の言葉が飛び交い、その場に居合わせた学生たちによって拡散されてしまう。

すると数日後、2013年で起こった事態を調査するべく、未来から翔がやってくる。そこで翔は大学生の廻と、運命的な出会いを果たすのであった。

一方、当時の記憶を消されている廻は、かつての自分が翔と恋に落ちていく様子を目にするのであった。

1 2 3