ホーム » 投稿 » 日本映画 » 劇場公開作品 » 第2回新潟国際アニメーション映画祭『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』富野由悠季監督登壇決定

第2回新潟国際アニメーション映画祭『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』富野由悠季監督登壇決定

text by 編集部

世界で初の⻑編アニメーション中心の映画祭として、また多岐にわたるプログラムとアジア最大のアニメーション映画祭として、世界で大きな反響を呼んだ、新潟国際アニメーション映画祭が3月15日より開催される。この度、イベント上映にて『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の富野由悠季監督の登壇が決定した。

アニメ業界60周年!富野由悠季監督
メカニックデザイナー・出渕裕とのトークショー

富野由悠季監督

昨年3月の第1回映画祭は、世界で初の⻑編アニメーション中心の映画祭として、また多岐にわたるプログラムとアジア最大のアニメーション映画祭として、世界で大きな反響を呼んだ。⻑編コンペティション部門の審査委員⻑を押井守氏がつとめ、大友克洋監督、片渕須直監督、りんたろう監督、渡辺信一郎監督、メカニック・デザイナーで漫画家、監督でもある永野護氏ら名だたるアニメ関係者がイベントに登壇するなど国内はもちろんのこと、アニメーション首都・新潟としての認知も世界へ広がり、今年の開催へ期待が高まる。

『機動戦士ガンダム』といえば 1979年のTV放送以来、今年も最新作『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』が劇場公開されるなど⻑く愛されるシリーズ。そんなアニメのあらゆる常識、枠を超えて社会現象を巻き起こしてきた伝説のシリーズの中でも本映画祭では、初のオリジナル劇場公開作であり、ガンダム史においてアムロとシャアの因縁の対決の最終章という重要作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をセレクト。

富野作品の中でも最も監督自身の内面が溢れ出ているといわれ、ファンからは「逆シャア」の愛称で今も語り継がれる本作の上映に、ガンダムの産みの親である富野由悠季監督をお招きし、メカニックデザイナー・出渕裕氏(『機動戦士ガンダム』シリーズ『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ『機動警察パトレイバー』ほか)とのトークショーを行います。ガンダムファンのみならず、全アニメファン必見のスペシャルトークショーとなりそうだ。

イベント上映情報

©創通サンライズ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』 英題:Mobile Suit Gundam: Char’s Counterattack
作品時間:1時間59分 制作年:1988年 ©創通・サンライズ
監督:富野由悠季

【あらすじ】

宇宙世紀0093年、行方不明となっていたシャア・アズナブルはネオ・ジオンを再興し、地球連邦政府に宣戦を布告した。隕石落としを実行に移したネオ・ジオン軍に対して、ブライト・ノアが指揮するロンド・ベル隊は孤立無援の戦いを強いられる。そこには、シャアのライバルであるアムロ・レイの姿があった。しかし、彼らの善戦も空しく、5thルナは地球へ落下していく。シャアの動向に脅威を感じたアムロは、サイコフレームを組み込んだ MS、vガンダムを受け取るため、開発主任のチェーン・アギが待つ月へと向かった。その頃、ブライトの息子ハサウェイ・ノアは、宇宙に上がる途中でクェス・パラヤに出会い、彼女に惹かれる。

【プロフィール】

1941年生まれ。小田原市出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、虫プロダクションに入社、TVアニメ『鉄腕アトム』の演出を経てフリーに。日本の様々なアニメーション作品の絵コンテ、演出を手
がける。主な監督作品に『海のトリトン』『無敵超人ザンボット 3』『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』などがある。最新作は、劇場版『Gのレコンギスタ』(全5部作)。自身の作品の楽曲の作詞、小説の執筆なども手掛ける。

上映スケジュール:3月16日(土) 会場:新潟市⺠プラザ

【国際映画祭の舞台となる新潟市とは】

19世紀、海外への窓口となる世界港をもつ新潟は、江戶を凌ぐ国際的な商業都市。また新潟は、多くの著名なマンガ家、アニメ・クリエーターを輩出し、2012年から10年間、「マンガとアニメを活用した街づくり構想」を実施、継続的なイベントとして「にいがたアニメ・マンガフェスティバル」(来場者約5万人)、1996年から全国対象で「にいがたマンガ大賞」も実施。

また、「新潟市マンガ・アニメ情報館」や蔵書1万冊を誇るマンガ図書館「新潟市マンガの家」を運営、マンガ家志望者のための家賃補助施設「トキワ荘」、そしてマンガ雑誌編集部と結んだ無料「ON LINE添削」を実施するなど、日本有数の熱烈なアニメ・マンガ都市でもあります。そして──21世紀、本映画祭に集結したエネルギーを、グローバル・アニメーションの創造へのマグマとし、新潟は世界のアニメーションの首都を目指す。

【新潟アニメーション首都宣言】

新潟はアニメーションやマンガ関連に従事する人々を約3,000名以上排出している、日本有数のアニメ都市です。世界に向けてアニメーションやマンガという日本特有の文化を発信していく拠点となる新潟が、世界のアニメーション作品が交差する文化と産業のハブとして発展していくことを目指すアジア最大規模の「新潟国際アニメーション映画祭」第2回の展開にぜひともご注目ください。

【第2回新潟国際アニメーション映画祭】

英語表記:Niigata International Animation Film Festival 主催:新潟国際アニメーション映画祭実行委員会
企画制作:ユーロスペース+ジェンコ 会期:2024 年 3 月 15日(金)〜20日(水)
公式サイト
公式 X(旧 Twitter):@NIAFF_animation
公式Youtube

3月15日(金)~20日(水)開催!

【関連記事】
すべてが画期的…前半と後半では別の映画? 『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』考察&評価。過去作オマージュも解説
最も再現度が高かったキャストは? 実写版『ゴールデンカムイ』徹底考察&解説。実写版のMVPは誰? 忖度なしガチ評価
映画館で観る価値はある…? 柱稽古編の完成度は? 映画 『鬼滅の刃 絆の奇跡、そして柱稽古へ』徹底考察&評価レビュー