ホーム » 投稿 » 日本映画 » レビュー » 主人公はクズ…? 声優はひどい? 映画『風立ちぬ』は美の追求とエゴイズムをテーマにした野心作。歌に込められた意味を考察

主人公はクズ…? 声優はひどい? 映画『風立ちぬ』は美の追求とエゴイズムをテーマにした野心作。歌に込められた意味を考察

text by 編集部
© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK

© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK

風立ちぬ

3.5
原題:
風立ちぬ
製作年:
2013年(日本)
監督:
宮崎駿
脚本:
宮崎駿
撮影:
奥井敦
音楽:
久石譲
配給:
東宝
上映時間:
126分
出演:
庵野秀明, 瀧本美織, 西島秀俊, 西村雅彦, 志田未来, 大竹しのぶ

第37回 日本アカデミー賞 - 優秀アニメーション作品賞、優秀音楽賞

演出:
16点
脚本:
14点
配役:
14点
映像:
15点
音響:
16点

ジブリ映画『風立ちぬ』をあらすじ(ネタバレあり)、演出、脚本、配役、映像、音楽の項目で徹底解説。宮崎駿監督が庵野秀明を主演に抜擢し、堀辰雄の同名小説を映画化。ヒロイン・菜穂子のモデルと印象深いシベリアのシーンの意味とは? 本作は面白い? つまらない? 真の評価を多角的な視点で明らかにする。

映画『風立ちぬ』のあらすじ

© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK
© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK

大正時代の東京。少年・堀越二郎(庵野秀明)の夢はパイロットになること。しかし、二郎は近眼であり、目標は叶えられそうにない。

ある日、二郎はドイツ人設計士・カプローニ(野村萬斎)と夢の中で会話を交わす。夢で出会ったカプローニの言葉に勇気づけられ、二郎は設計士を目指すのだった。

成長した二郎は東京帝国大学に入学し、設計学を学んでいる。そんな折、関東大震災が発生。二郎は汽車の中で里見菜穂子(瀧本美織)と出会う。

大学を卒業した二郎は、大企業「三菱」に就職した。仕事熱心な二郎に対する周囲の評価は日増しに高まり、大日本帝国海軍の戦闘機開発プロジェクトのリーダーを任される。幼少時からの夢が叶い、張り切る二郎だったが、完成した飛行機は不備のため事故を起こしてしまう。

1 2 3 4 5 6 7