ホーム » 投稿 » 日本映画 » 劇場公開作品 » ジブリ過去作からの引用はどこ? 宮崎駿が題名に込めた意味は? 映画『君たちはどう生きるか』徹底考察。賛否両論のワケとは?

ジブリ過去作からの引用はどこ? 宮崎駿が題名に込めた意味は? 映画『君たちはどう生きるか』徹底考察。賛否両論のワケとは?

text by 柴田悠

宮崎駿の最新作『君たちはどう生きるか』が公開中だ。宣伝を一切しなかったにもかかわらず大ヒット。一方、口コミに耳を傾けると「つまらない」「ひどい」といった声も。今回は、賛否両論の本作で宮崎が伝えたかったことを、過去のジブリ作品からの引用に注目するなど、多角的な視点で考察する。【あらすじ 声優 考察 解説 評価 レビュー】(文・柴田悠)

国民的作家によるカルト系アート映画
レビューサイトでは辛辣な意見も

宮崎駿
宮崎駿【Getty Images】

長嶋茂雄に王貞治、美空ひばり、黒澤明…。かつてこの国には「国民的スター」と呼ばれる人がおり、国民に希望と勇気を与えてきた。しかし、近年は価値観の多様化もあり、こういった国民的なスターが生まれにくくなっている。

そんな中、宮崎駿は「国民的スター」といえる数少ない人物だろう。スタジオジブリを牽引し、アニメーションを通して日本人の精神性を形成してきた宮崎。私たちにとって「バルス」が共通の合言葉であり、トトロの森が心の原風景であり続けてきたことは論をまたない。

さて、そんな「国民的スター」宮崎の(2本目の)最後の作品となれば、映画館に足を運ばないわけにはいかない。というよりも、この令和の時代に宮崎の新作を映画館で見れること自体、何よりの幸せだ。ましてや、事前の発表はタイトルとポスタービジュアルのみとなれば、私たちの期待もいやがうえにも高まってしまう。

本作は決してわかりやすい映画ではない。現に、筆者が見に行った映画館は満席だったが、開始30分で早くも子どもがぐずりはじめた。また、大手映画サイト「映画.com」のレビューも平均3.4点で、宮崎作品ではかなり低い点数を記録しており、「わからん」「問題作」といった意見も散見される。

1 2 3 4 5