ホーム » 投稿 » 海外映画 » 劇場公開作品 » 謎めいた結末…父の秘密とは? 映画『aftersun/アフターサン』は面白い? 物語を深掘り解説。忖度なしガチレビュー » Page 3

父の背中を捉えた印象的なショットたち

© Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The<br />British Film Institute & Tango 2022
© Turkish Riviera Run Club Limited British Broadcasting Corporation TheBritish Film Institute Tango 2022

不安を抱える父の背中を撮ったカットが随所で強い印象を残す。

序盤、娘が寝ている横で、ベランダにいるカラムの背中をゆっくりとカメラが追う。彼の奇妙な動きは、太極拳のようでもあり踊りのようでもある。そして、その背中はどこか儚く不安定だ。どうやら腕を骨折したらしくギプスをしている。このギプスは、肉体のみならず心理的な痛みを象徴したものだろう。この長回しにまずハッとさせられる。

カラムの悩みと痛みの原因は明示されない。離婚、金銭、大人の男性らしくない自分。決定的な理由はわからないが、どうやら長い間、実存的な不安を抱えているらしい。

遠くに見えるパラグライダーの揺れも父の不安感を暗示しているように見える。そうした不安の波に流されて自らが壊れないために、カラムは太極拳のゆらゆらとした動きによって自分を保ち、波に逆らって耐えているのではないだろうか。

しかし、ギリギリのところで保っていた自己は、とある場面で決定的に崩れてしまう。序盤と同様にカメラはゆっくりとカラムの背中に近づくが、ベッドに座って泣いている父の背中は、異様に丸まっている。その背中と浮き出た骨は、まるでもうこの世の人間ではないような、別の生き物のような印象さえ受ける。この背中は忘れられない。

1 2 3 4 5