ホーム » 投稿 » 海外映画 » 劇場公開作品 » 「映画の勝利だ」巨匠フランシス・フォード・コッポラが、『バービー』と『オッペンハイマー』を賞賛。映画界の未来について語る

「映画の勝利だ」巨匠フランシス・フォード・コッポラが、『バービー』と『オッペンハイマー』を賞賛。映画界の未来について語る

text by 編集部

日本公開前に既に大盛況の映画『バービー』と、映画『オッペンハイマー』。この2作品に対し、『ゴッドファーザー』3部作を製作したフランシス・フォード・コッポラ監督が、賞賛の声を上げたようだ。また、彼は映画業界の今後についても言及しているようなので、米TheHollywoodReporterに基づき、その詳細を確認していく。

巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督
10年後の映画業界について示唆

フランシス・フォード・コッポラ監督
フランシス・フォード・コッポラ監督【Getty Images】

フランシス・フォード・コッポラ監督は、2本の映画が記録的なデビューを飾った週末を受け、映画『バービー』、映画『オッペンハイマー』を称賛しているようだ。

金曜日に自身のインスタグラムのストーリーズで、ファンの質問に回答していた際、彼はグレタ・ガーウィグ監督の映画『バービー』と、クリストファー・ノーラン監督の映画『オッペンハイマー』を、まだ観ていないのか、と質問を受けた。

それに対し、コッポラ監督は「私はまだ観ていないが、大きな映画館を埋め尽くす観客がいて、それは続編でも前作があるわけでもないという事実がある。番号が入っていない、一度限りの作品であるということは、映画の勝利だ」と答えた。

映画『バービー』と映画『オッペンハイマー』の2作品は、7月21日から23日にかけての週末興行で、予想を上回る成績を収めた。

グレタ・ガーウィグ監督の映画『バービー』は、コロナパンデミック以来トップクラスのオープニングを記録しただけでなく、女性監督として最大オープニング記録を更新。ノーラン監督の映画『オッペンハイマー』は、北米における伝記映画史上3番目のオープニング記録となった。

コッポラ監督は、以前から続編や前作、そして現代の映画産業全般に対する嫌悪感を公言してきた。映画『ゴッドファーザー』3部作、監督兼プロデューサーである彼は、特にマーベル作品やその映画フランチャイズの大ファンではない。

「かつてはスタジオ映画がありました」と、彼は2022年のGQ誌のインタビューで語っている。彼は続けて「今は、マーベルの写真があります。マーベルの映画とは、違うものに見えるように何度も何度も作られる、プロトタイプの映画のようなものです」と語った。

この業界で50年以上のキャリアを持つコッポラ監督は、映画というメディアが、長年かけて変貌を遂げてきたことを目の当たりにしてきている。

それを踏まえ、別のファンがインスタグラムで、10年後の映画業界は、どうなっているのか、と質問した際に、コッポラ監督は「大きな映画館で見られる、素晴らしく、光り輝く映画。私の直感では、私たちは黄金時代を迎えようとしています」と、映画業界に対し、大きな期待を抱いているようだ。

映画『バービー』は、8月11日に日本公開される。映画『オッペンハイマー』の日本公開は未定となっている。

【関連記事】
映画「ゴッドファーザー」史上最高級の傑作、何が素晴らしいのか<あらすじ 考察 解説 評価 レビュー>
最もイカれた戦争映画…。『地獄の黙示録』カーツ大佐はなぜ狂った? ワルキューレに込められた意味、特別完全版との違いを考察
「ノーラン監督の最高傑作」映画『オッペンハイマー』主演キリアン・マーフィーが脚本を絶賛。唯一無二である本編の内容とは?