ホーム » 投稿 » コラム » 最も炎上した映画は…? 映画史に残る問題作5選。上映したら無事ではすまない? タブーを破った過激作をセレクト【洋画編】 » Page 2

「スーパー・ボウル」への爆破テロの脅威を描く
実際にテロ予告を受けて上映中止の憂き目に

『ブラックサンデー』(1977)

原題:Black Sunday
製作国:アメリカ
監督:ジョン・フランケンハイマー
脚本:アーネスト・レーマン、ケネス・ロス、アイヴァン・モファット
原作:トマス・ハリス
キャスト:ロバート・ショウ、ブルース・ダーン、マルト・ケラー、フリッツ・ウィーヴァー、スティーヴン・キーツ、クライド・クサツ

【作品内容】

ベトナム戦争で戦った男、マイケル・ランダー(ブルース・ダーン)が祖国に裏切られた復讐からアラブのテロリストと手を結んだテロ組織「黒い9月」はマイアミで開催される予定だったアメリカンフットボールの祭典「スーパー・ボウル」の観客8万人を殺害するというテロ計画を立てる。

イスラエルの特殊部隊のカバコフ少佐(ロバート・ショウ)は、そのアジトを急襲するが、その中にいた女性、ダリア・イヤッド(マルト・ケラー)を見逃してやるが、その女こそが、このテロの実行者だった…。

【注目ポイント】

映画『ブラック・サンデー』【Getty Images】

『羊たちの沈黙』などの代表作で知られるトマス・ハリスの原作によるサスペンスアクション作。飛行船を使ったテロという奇抜な発想とテロリストたちの背景など、リアリティーがあり、テロ兵器の作り方などディテールにもこだわって製作され、スリリングな展開に手に汗握る作品だ。

ところが日本では、劇場公開を前に、「上映すれば映画館を爆破する」との脅迫が相次ぎ、公開8日前に、東宝の判断で上映中止となった。

中東諸国の大使から「内容が偏向しているため、上映を中止して欲しい」と要望があったことが判明し、イスラエル・パレスチナにおける政治問題というセンシティブな内容を含んでいたため、中東諸国に忖度する形で、公開を断念したと思われる。

その後、2006年に特別試写会が開かれ、2011年には、日本で初めて正式に映画館で上映された。

1 2 3 4 5