ホーム » 投稿 » コラム » 最も炎上した映画は…? 映画史に残る問題作5選。上映したら無事ではすまない? タブーを破った過激作をセレクト【洋画編】 » Page 3

まるでこの世の終わり…。
人間の醜悪な欲望を赤裸々に記録した問題作

『ソドムの市』(1975)

原題:Salo o le 120 Giornate di Sodoma
製作国:イタリア
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ、セルジオ・チッティ
原作:マルキ・ド・サド
キャスト:パオロ・ボナチェリ、ジョルジョ・カタルディ、ユベルト・P・クィンタバル、アルド・バレッティ、カテリーナ・ボラット

【作品内容】

本作の舞台は、1944年、イタリアが連合国に降伏した後、ヒトラー占領下の北イタリア町サロ。亡命政権(イタリア社会共和国)を形成していた、生き残りのファシストたち。大統領(アルド・ヴァレッティ)、大司教(パオロ・ボナチェリ)、最高判事(ユベルト・P・クィンタバル)、公爵(ジョルジョ・カタルディ)の4人は、自分たちの快楽のために、条例を新しく制定し、それに従って美少年・美少女が集められ、さらにその中から彼らの厳選した男女各9人が、秘密の館に連れ去られる。そして、その傲慢な権力を背景に一大狂宴を計画するのだが…。

【注目ポイント】

監督を務めたピエル・パオロ・パゾリーニ【Getty Images】

現在社会とファシズムへの批判を込めたといわれる本作だが、その描写は、“ソドミー”と呼ばれる男性同士の性行為をはじめ、“スカトロジー”と呼ばれる糞尿プレー、さらには全員を処刑すべく、少年・少女の目をえぐり、髪を剥ぎ、なぶり殺しにする地獄絵図だ。この様子を双眼鏡で覗きながら自慰にふける男たち…。目を背けたくなるようなこの世の終わりのような展開だ。

パゾリーニ監督は、映画の製作を終えて間もなく、暴行を受けた上に車で轢かれて謎の死を遂げている。もともと反ファシズム思想の持ち主だったため、ネオファシスト党による犯行と思われているが、実際のところ、真犯人は不明だ。

過激な表現が多く、欧米をはじめ、世界46か国以上で上映禁止となった。監督の死の真相も含めて、スキャンダラスな遺作となった作品でもある。

1976年の日本公開前にはノーカットで試写会が行われ、良くも悪くも話題を呼んだが、上映館が少なかったことも関係し、ヒット作とはならず、ひっそりと劇場公開された後、2015年、制作40周年記念としてHDニューマスター版が発売された。

1 2 3 4 5