ホーム » 投稿 » コラム » 最も炎上した映画は…? 映画史に残る問題作5選。上映したら無事ではすまない? タブーを破った過激作をセレクト【洋画編】 » Page 5

宗教問題で大炎上…。
世界的ヒット作は一部の国で上映禁止に

『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)

原題:The Da Vinci Code
製作国:アメリカ
監督:ロン・ハワード
脚本:アキバ・ゴールズマン
原作:ダン・ブラウン
キャスト:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ、ユルゲン・プロホノフ、ポール・ベタニー、ジャン・レノ

【作品内容】

ダン・ブラウンが2003年に発表し、大ベストセラーとなった推理小説を、2001年の『ビューティフル・マインド』(2001)でアカデミー賞監督賞・作品賞を受賞したロン・ハワードがメガホンを取り、映画化されたサスペンスミステリー作だ。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を巡り、ある組織の陰謀に巻き込まれたハーバード大宗教象徴学教授のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が謎を解き明かしていく様を描いている。

【注目ポイント】

ダン・ブラウンによる原作は一部のキリスト教徒から反発を受けている。【Getty Images】

日本国内でも大ヒットを飛ばした人気作だが、問題とされたのは、「イエス・キリストが人間と同じように恋をして、結婚し、子孫がいる」という秘密を守るために教会が暗躍していたという設定だ。これがキリスト教を信仰している数々の国から批判を呼ぶことになり大論争を引き起こした。

その結果、本作は、キリストに対する冒涜であるとして、中国・エジプト・ヨルダン・フィリピンなど、多くの国で上映が禁止されてしまう。また、サモアでは、若者のキリスト教の信仰に悪影響を与えるという理由から上映禁止とした。また、インドや中国、エジプトなど、決してキリスト教国とはいえない国や、イスラム圏のパキスタンでも上映禁止となった。

プレミア上映が行われたカンヌ映画祭の会場前では、英国から来たシスターが「この映画は神を冒涜している」と座り込みで抗議する事態にも発展。また、シンガポールでは16歳以下の鑑賞が禁止され、中国や韓国では教会が映画のボイコットを呼びかけた。

また、インドでは、ムンバイのカトリック系団体メンバーがハンガーストライキを決行。モスクワではロシア正教会の信者らが映画館を取り囲み抗議するなど、本作の上映中止を望む抗議活動は世界中に波及した。

しかし、大騒動をよそに、本作は日本を含む全世界で大ヒット。シリーズ化が決定し、ゲーム化もされ、2009年に第2作『天使と悪魔』、2016年に第3作『インフェルノ』が公開された。

(文・寺島武志)

【関連記事】
大爆死!大赤字の日本映画…史上最低の失敗作5選。莫大な製作費を回収しきれなかった歴史に残る駄作をセレクト
大爆死…。映画史上稀にみる巨額の赤字を出した世紀の失敗作5選【洋画編】。観客から総スカンをくらった不幸な作品をセレクト
大爆死! 大赤字のアニメ映画…歴史に残る失敗作5選。ジブリもディズニーもやらかしていた! 大コケの理由を深掘り考察

1 2 3 4 5